トップページ > ザ・イントロダクションDVDを購入した感想> マジックを失敗したらどうするか?

マジックを失敗したらどうするか?

今日、宴会でマジックを披露する機会がありました。


カードマジックを見せたのですが、
周りがあまりに酔っぱらっていて、


ヤジが多い中で、カード当てマジックを披露したのです。


すると、大声やヤジに飲まれてしまって、
段取り良く運ぶことができなかったのです。


そのとき、カード当てを間違ってしまったのです。


失敗したのです!! ショックでした。


intoroduction5.jpg

あなたはマジックで失敗した
経験はありますか?


ある程度マジックをかじって、
人前で見せたことがあるなら、


多かれ少なかれ、失敗した経験があるかと思います。


すっごくつらいですよね。


飲み会でマジックを見せて失敗したら、
その後の飲み会は全然楽しくないですし、

まわりの声なんか自分の耳に入ってこないです。


あたまの中で鳴り響いているのは、
さっき失敗したときのシチュエーションや
そのときとびかっていた声です。


何度も頭の中でリピートされて、
忘れるのに時間がかかったりしませんか?


マジックで失敗しても、うまくごかませることが
できるようになるには、経験で身につけていくしかない
と思っています。


家に帰って、ザ・イントロダクションの
マニュアル本を読んでいたら、


82ページに、「リカバリーについて」
と書かれた章がありました。

ザ・イントロダクション手品DVD講座


「マジックには失敗が付き物です」
という一文からはじまります。


マジックで失敗したときのリカバリーの
コツについて解説しています。


参考になります。


今、ザ・イントロダクションの
演技編のDVDを見ているのですが、


このDVDでもカード当てを間違ったときの
リカバリーのやり方を実演しています。


会社のお昼休みに、先輩OLにカード当てを失敗し、
海田さんがそれをリカバリーするシーンです。


シンプルですが、実際に映像でみると、


「なるほど、このような間で行えばいいのか」
ということが分かります。


方法やコツが分かれば、あとは反復練習あるのみです。


通常のマジックを練習するのと同様に、
失敗したときには、どのようにリカバリーするかを学び、


しっかりと頭にいれて、とっさのときには、
いつでも使えるようにしていきたいと、
思います。

>>>ザ・イントロダクション マジック教材の詳細はコチラ