トップページ > つれづれ日記> 親戚の集まるときこそ、マジックは最高の威力を発揮する

親戚の集まるときこそ、マジックは最高の威力を発揮する

「手品教えてよ!」と言われたら、あなたなら
どうしますか?


お盆になると親戚が集まる機会がありますね。

先日、姪っ子たちや親せきが実家に集まりました。

しばらくすると小学校6年生の姪っ子が
私に聞いてきました。

「休みの日は何をしているの?」

今、いろいろ質問したい年頃なんだそうですね。

まぁ、ブログ書いているっていうのも、さらに詳しく
聞かれても面倒だと思ったので、

「手品の練習しているよ」

って答えました。

そうしたら、

「じゃなんか手品教えてよ」

と言ってきたのです。

ちょうど、親戚たちも話が少し尽きたような感じ
だったので、自分たちのほうに注目をしていました。

それで、あらかじめ手首に輪ゴムをまいておいたので、
その輪ゴムを使って、「輪ゴムの移動マジック」を
教えてあげました。

そうしたら、とってもくいつきが良かったのです。

「うわ、すっごい」と驚いてくれて、

夢中になって何度も練習し始めたのです。

その姪っ子の表情がいいですね。

マジックを見せた後の、ドヤ顔がまわりの親戚たちからも
笑いをとっていたのです。

姪っ子はみんなから注目されて、話が尽きた大人たちも
しばらく、姪っ子の行動に目を取ら笑顔になっていました。


私は後から、改めて「マジックってすごいな」と思いました。

親戚が集まる中で、退屈している姪っ子を夢中にさせ、
しかも、話が尽きた親戚たちをも、笑顔にするきっかけを
つくることできたというツールに、つくづく感心しました。

たった、簡単な輪ゴムマジックが楽しいひと時をつくり
出すことができるので、覚えておくととても助かりますよ。