トップページ > 手品・マジックで使える!?セリフ> ゼンジー北京に学ぶ紙幣印刷機のセリフ

ゼンジー北京に学ぶ紙幣印刷機のセリフ

「1万円札を1枚印刷するのに
特殊なインク代2万円ずつかかるで」

って、これめちゃめちゃ使えるセリフですね。

さすがゼンジー北京さんです。

2012年4月28日放送のNHKの
バラエティ生活笑百科に

コメディマジシャンのゼンジー北京さんが
出演していました。

回答のところどころで、マジックを見せてくれました。

その中で、紙幣の印刷機というマジックを
披露しました。

白い紙をこの印刷機の中に入れると、
1万円札に変わって出てくるというお札を使ったマジックです。

これは、手品グッズとしても販売されていますが、
大切なのは、この手品用具をどのように
使うかです。

通常このようなマジックを見せると、

「それで1万円札が作れるんだったら、その道具を売ってくれ。」
と言われるパターンが多いですね。

そんなときに
「売ってもいいけど、この道具は1万円札を1枚印刷するのに
特殊なインク代2万円ずつかかるで」

と切り返していました。

これはなかなか使えそうな切り返しの言葉ですね。

これはお金のマジックなので、紙幣の印刷機の現象そのものでも
ウケるとは思いますが、さらに笑いをとりたいときや、
お客さんから、売ってくれなどと言われることがあった
場合の切り返しの言葉として使えますね。

自分流にどこかをアレンジして作ってみると、自分なりの
キャラクターにあったセリフを考え付くかもしれませんので
参考にしてみてください。


【 景品・販促グッズ 】 マジックグッズ お札印刷機 1個607円 24個セット

楽天で、紙幣印刷機のマジックグッズが売っていますね。
これでも、使えるかもしれませんね。