トップページ > つれづれ日記> 日本一うざいマジシャン メレンゲに登場

日本一うざいマジシャン メレンゲに登場

日本一うざいマジシャンがメレンゲの気持ちに
2011年7月23日放送に出演していました。

日本一うざいマジシャンといったら、からくりどーるさんですね。

最近、テレビ出演が続いていて、からに有名になってきている
かと思います。

メレンゲの気持ちに出るのは2回目でした。

今回のマジックのオープニングでは、ルービックキューブが
一瞬にして揃うというマジックを披露。

そして次は、新ネタマジックということで,、ESPのマークが
印刷されている輪を使ったマジック。

メンタルマジックでしたが、ちょっと、からくりどーる
さんには、似合わないかったようです。

現象としてはすごく不思議だったのですが、スタジオの
ゲストたちの驚きもいまいちだったような気がします。

また、ケンコバさんの雰囲気といいましょうか
リアクションにとちょっと圧倒され気味だったかと思います。

今回は、からくりどーるさんの持ち味が不完全だった
という印象を持ちました。

そして、後半は得意のカードマジックを披露。

いつものパターンで、最後は、竹中直人さんとケンコバさんの
腕に、カードの切れ端がついていたというクライマックス。

この腕に付けるタイミングというのは本当にお見事としか
言いようがありませんです。

でも、ここに至る前の、敗れたカードがボックスの中に入れると、
一瞬にして元に戻るという現象のときは、なんだか間延びしたよう
な雰囲気が漂いました。

この時間ってすっごくいやな時間なんですよね。

やはくオチのところと言いますか、マジックの現象を見せるに
至るまでのに変な間ができたときがmマジシャンにとって、どのようなセリフ
でつなぐかが、マジックではない話術の見せどころとなります。

からくりどーるさんも何とか乗り切りましたね。

でもやっぱりテレビに出すぎてきてるため、全体的に少々おなかいっぱい
気味になったきたのかなと思いますが、これからが、期待のしどころです。

それに、からくりどーるさんのセリフは、学べることがいっぱい
ありますので、これからも注目していきたいと思います。