トップページ > 手品・マジックで使える!?セリフ> 手品で、おヒネリをもらうためのセリフ

手品で、おヒネリをもらうためのセリフ

手品でストリートパフォーマンスをして、
おヒネリとしてお金をもらうためのセリフって?

よく大道芸人や、ストリートミュージシャンたちが
ストリートパフォーマンスをして小銭を帽子やギターケース、
箱などに入れてもらう姿を目にしますね。


普通のアマチュアマジシャンが
ストリートでマジックをして、スマートに
お金をもらうセリフって言えるのだろうか?


私はそれがとても苦手でした。


昔、あるイベントに出演した出来事で、
そのイベントには出演料がでないので、お客さんからの
おヒネリがギャラになるというものだった。


私は、マジックショーが終了してから、
観客にお金をこの帽子の中に入れてほしい、みたいな
ことを、口にするのがとても苦手でした。


どうしたら、スマートに言うことができるのか?
っとよく頭を悩ませていました。


2010年6月16日放映の
笑ってコラえて!3時間で、ダーツの旅
フランス編を見た。


広場でファイヤーパフォーマーたちが
炎を使ったパフォーマンスをしている映像だ。


彼らは、昼間は学生や会社員であり、夜に
なると、パフォーマンスをしているそうだ。


そして彼らがショーの一番最後にこんな
セリフを言っていた。

「さぁ、次が最後のショーだ」

「みんな、両手を挙げて、準備はいいかい?」

「挙げた手をポケットに入れて、ワン、ツー、スリー」

「お金をだそうぜ!」

と言っていたのだ。


テレビを見て、思わず笑ってしまったが、
とてもスマートにおヒネリを要求することができる
セリフであると感心してしまった。


もしも、自分がマジックをしたときにも
「それでは、最後のマジックをお見せします」

「みんな、両手をあげて、準備はいいですか〜」

というようにセリフを始めると、使えると思いました。

これならストリートだけでなく、テーブルマジック
などをしたときにでも、半分ジョークとして
言うことができますね。


そのほかにも、
例えばティッシュペーパーを使ったマジック
のやり方を教えたとします。

「最後にもう一つだけ、そのティッシュペーパー
の使い方を教えます」

なんて言いながら、そのティッシュの中に
お金を入れてもらってコチラに投げて
もらうように誘導するのにも使えるかもしれませんね。