トップページ > 手品・マジックを見せる時に大切なこと> マジシャン島田晴夫さん 世界を変えるに出演

マジシャン島田晴夫さん 世界を変えるに出演

島田晴夫さんという日本が誇る
マジシャンがテレビに出演していました。

世界を変える100人の日本人
という番組でした。

2009年11月6日(金)の放映で
Mrマリックさんはスタジオで
コインや焼き芋の超魔術を披露し、

デビッド・カッパーフィールドの
映像や、島田さんと再会している
シーンがあったなど
マジックをする人にとっては
とても興味深い内容だったかと思います。

昔トゥナイトというテレビ番組に出演した
映像も見たことがあります。

およそ25年ぶりにメディアに登場した
とのことです。

島田晴夫さんは、長期にわたってラスベガスの
ホテルで、マジックショーをおこない
また世界各国でも活躍している
手品師です。


私は数年前に、島田晴夫さんの
マジックショーを日本で見ることができました。


傘出しの演技と、ドラゴンイリュージョンの
両方をひとつのステージで堪能することができたのです。

すごい迫力でしたね。
存在感がものすごくあるというので
しょうか、ひとつひとつの演技に
重厚さが伝わってくるのです。


このような演技は、生まれ持ったものと
長年の経験によって身についたもの
なのでしょうね。


「彼こそは生きる伝説さ」と
外国人からも大絶賛されている日本が誇るマジシャンです。


世界を変える100人の日本人の中で、
島田晴夫さんは演技についてとても参考になることを
言っていました。

日本人というのは「流し眼」ができるので、
それが手品では神秘的に見えるとのことだ。


これってすごいヒントをおっしゃって
いましたよね。

ヒントというか、答えそのものですね。


手品で不思議に見せることができるのは
手品のタネ以上に、表情であったり、
セリフであったりなどとは理解して
いましたが、

流し目というところには大変大きな気づきをを
もらいました。


私もこれからの演技に取り入れて
みたいと思います。