トップページ > 手品・マジックで使える!?セリフ> マジックで「これ出来るようになるまでにどれくらいかかるの?」

マジックで「これ出来るようになるまでにどれくらいかかるの?」

今回は手品マジックを見せたときに
「これが出来るようになるまでにどれくらいかかるの?」
と聞かれたときにどう切り返すか?答えるか?ということです。

2008年1月31日放映のテレビ番組ビートたけしのアンビリー
バーボーでエリック・ジョワゼルさんが登場していました。

エリックさんはフランス人で折り紙アーティストで折り紙
歴 25年の達人です。

一枚の紙から、人や動物、ものなどありとあらゆる形を作成
する折り紙の達人である。

彼が登場すると、今年の干支であるネズミの折り紙を女性
ゲストにプレゼントしていました。

そのネズミの作品をみて、ゲストの一人である関根勤氏が

「これはどれくらいで折っちゃうの?」

という質問に対して、

エリック・ジョワゼル氏は

「35年かかりました」と答えました。

このやりとりはちょっと使えると思いませんか?

飲み会や合コンなんかでも、手品を見せた後や、
簡単な手品を教えてあげたりする場面なんかでも、

「これってマスターするのにどれくらいかかるの?」

と聞かれたら、わざと大げさな年数を言うこと。

でもエリック・ジョワゼルさんが本当に言いたかったのは、
そんな簡単にできるもんではないですよっていう風に受け
取れましたね。