トップページ > マジックショーイベント日記> 出張先での宴会余興マジックショー

出張先での宴会余興マジックショー

先日、仕事の関係で出張へ行った先、温泉に宿泊しました。

夜はいろいろな市町村に住んでいる方たちとの情報交流会
でした。

まあ要するに飲み会ですね。お酒も入って1時間くらいしてから、
余興のマジックタイム。

今回は出張先の宴会主催者から、宴会での余興マジックを
あらかじめ依頼されていたのです。

結構お酒が入っているにもかかわらず、ほぼ全員がきちんと
見てくださいました。

その中でもやはり評判がよかったのはティッシュ消しレクチャー

ほぼ全員が、わたしと一緒に参加してくれて、とても良い雰囲気
の中マジックを披露することができました。

そして終了後、私も、もとの席に戻って再び宴会の仲間入り。

通常は、このような飲み会の席でマジックを披露後、一緒に飲み
だすと、見ていた人から「あのタネどうなってるの?」とか「ちょっと教
えろよ」って言われるパターンが多いので、あまりマジックした後は、
飲み会の席にもどりたくないのです。

でも、今回見てくれた人たちはとても良い人たちばかりで、こんな
言葉をかけていただきました。

「いやーとても感動した」「なかなか人を楽しませるってことはで
きるもんじゃないんだよ。そこに感動した。」

「プロのマジシャンが人を驚かせたり、楽しませるのは当たり前
だけど、あなたのような普通の勤め人が、このように人を楽しませ
ることができるということに感動したんだよ」と、

とても、気持ちの良いお言葉をいただき、つくづくマジックって
のは本当に凄い力をもっているんだなぁと思いました。

もちろん、私もただ、不思議なだけをみせびらかすマジックだけを
見せたのであればこのようなコメントはいただけなかったのかもし
れません。

あくまでも視点はいかに見ているお客さんがこの時間を楽しんでいた
だけたかどうかに、毎回毎回かけています。

なもんで、ちょっと軽くマジック見せと言われても、気を抜くことは
できないのです。

最後の最後まで、構成を考えながら演じることがとても大切だと、
改めて実感しました。

宴会が終わり、あとは各自の部屋へ戻って宴会の続き。私の同
部屋には、全員で4人。話題はもちろんさっきのマジックの話し。

「テレビでよくカードマジックとかすごいのやっているけど、ああいう
のはやらないの?」

って聞かれたので内心は「待ってました」「今日はみなさん本当に
ラッキーだよね」「じっくりお見せしますよ」って思いました。

そこで、一連のカードマジックを披露!

見ている人はもう「えー!」「えー!」の声の連発!

そして「いやーテレビで見ていると、なんか映像のトリックとか、
見ている人のやらせとかあるんじゃないかなって思っていたけど、

生で、しかもこんな近くで見ても全くわからないんだから、本当に
不思議なんだね。」「いやー今日は本当に得した気分だわ」といわ
れ、私もとても気持ちよくカードマジックを披露することができました。

昨今のマジックブームのおかげでもありますね。だって、「テレビと
まったく同じだ!」と言って感動してくださるンですからこれほど、
快感なことはないですよね。